2017年の日記
サイト管理者の写真日記です。山梨アルパインクラブの最近の活動(の一部)をご紹介します

***2002年独語***  ***2003年独語***  ***2004年独語*** ***2005年独語*** ***2006年独語*** ***2007年独語*** ***2008年独語***
***2009年独語*** ***2010年独語*** ***2011年独語*** ***2012年独語*** ***2013年独語*** ***2014年独語*** ***2015年独語***
***2016年独語*** toppage 備忘録作りました!

8月15日 曇りのち雨
今夜はM姉さんのクライミング教室が絶賛開催されていました(^^)
初体験とは思えない登りっぷりが素晴らしい!
しかし、登ったあとの手指の保湿ケアとかにまで言及するのは、姉さん流石ですね(^^)

8月12日 曇り時々晴れのち雨
今日も八ヶ岳へ、山ご飯を食べに出掛ける。
山菜というか正体不明の葉っぱたちの天ぷらが美味しかった。

 

8月11日 曇り時々晴れのち雨
連休ですが相変わらずパッとしない天気。
今日は山の日なので、久し振りの八ヶ岳に(食事に)出掛けてきました。

 

8月10日 曇り時々晴れ
明日から3連休だというのに小瀬の外壁。
木曜夜に小瀬で登るのは久し振りだな〜
55度のオレンジ〜ピンク〜紺色と連続RPできて、少し調子が戻ってきた感じ!?


8月 8日 雨のち晴れ
今日は素晴らしい虹を見ました! これでやっと夏本番!?

 

8月 6日 曇りのち一時大雨
またきた三ツ峠。
今日は某放送局の方もご一緒です。
中央カンテ上部では、敬愛するEガイドがお客様を叱咤激励されていました(^^)
帰り道、半分ほど下山した辺りで突然の豪雨!
ずぶ濡れで、車に乗った辺りで雨が止むのも、もはや定番のお約束ですよね。

 

8月 5日 曇り時々晴れのち一時雨
ほぼ1年振り、の T O U G E に行ってきました。
この時期は意外に涼しいし空いている。
マルチピッチの下降途中でロープがスタック、久し振りのロープ登り返しを30mほど(^^)
手抜きをしてはダメだ、という天の声だと、前向きに捉えておきます。
帰路、山荘のご主人のご厚意でお茶を呼ばれる。
山荘では、私が昔から密かにファンである某写真ブログの管理者様ともお会い出来たりして、なかなか良い一日でした。

8月 1日 曇り
シャモニのお土産シャツ。
またも某放送局の方が話を聞きに来てくれました(^^)

 

7月30日 曇りのち少し雨
午後3時から小瀬の外壁へ出掛けたところ、風が吹いていて意外に涼しい。
人工壁を登るのは3週間ぶり。可動壁を強傾斜にして、いつもの筋トレ。

7月29日 曇りのち大雨
お天気は全く駄目なので、近所の山で少しだけ走るが、猛烈に蒸し暑い。
15時頃からは猛烈な雨。
トレランも、涼しいシャモニで走れば快適だろうなあ・・・

7月28日 曇りのち雨
梅雨明けしたはずですが、毎日こんな天気で週末の予定も立ちませんね・・・
シャモニのクライミングは涼しいし景色も綺麗で楽しかったなあ。
毎回思いますが、現地にせめて半月くらい滞在したい。

7月27日 曇り
備忘録的に、コスミク稜の追加写真でも。
兎に角稜上に雪が無くて、特に出だしの急斜面が持てない(角が無いホールドが乏しい)岩の連続で少し難儀しました。
いつもなら、凹角内は雪が着いているので、アイゼンで普通に上がれるんですが。
足も岩に置くとなると難易度が増してしまうわけです。
このコンディションを知っていれば、取りあえずアイゼンは先に外したんですけどね。

7月24日 曇り
久し振りの出勤。日本は蒸し暑いデスネ〜
やがて来るカード請求のことは気合いで頭の隅に追いやり、今回も登山用品店巡りが毎日の日課に(^^)
「国内で買うよりも圧倒的に安い」&「そもそも国内で売られていない」ことの誘惑には抗しがたいのです。

 

7月23日 曇りのち雨
おフランスでのクライミング合宿?から帰ってきたザマス。
今回のアルプス行は、後半多少降られましたが天候には概ね恵まれ、現地での6日間はレスト日無しでフル活動。
毎日クライミングしたり登山したり(&買い物も)、涼しいアルプスを満喫することが出来ました(^^)

7月 9日 晴れ
遠出は出来ないけれど、大菩薩くらいならいいでしょ、ということで朝イチで走りに行く。
帰宅直後に職場から呼ばれて、実に危ないところでした(^^)

 

7月 8日 晴れのち曇り
今日は甲府盆地から離れられない日なので小瀬へ。
午前11時くらいまでは外壁が日陰なので何とか登ることも出来るが、以後は炎天下の地獄状態でお話にならない。
午後は、Mさんのニューブーツを慣らしましょうか、と涼を求めて三ツ峠で走ってから解散。
クライミングの道具一式を背負ってないと、三ツ峠を登るのってこんなに楽だったんだ。

7月 2日 雨のち曇り
高所順応とトレーニングを兼ねて富士さん。
Mさんもかなり復調したようで、立っていられないような突風に煽られながらも、駐車場から山頂まで3時間を切りました。
当然のことながら山頂も強風、悪天候で寒い。
富士宮口から登頂したんですが、「山開きした山梨県側ならきっと小屋開いてるからラーメン食べよう!」と山頂を半周。
「7月10日からオープン」の無慈悲な張り紙にショックを受けて、とぼとぼと山頂をもう半周。
山頂をウロウロするのも順応になったからいいか。

 

7月 1日 雨のち曇り
遠出できる週末なのに残念なお天気。
朝からの雨が止んだので小瀬にお出かけしてみたら、外壁が意外に乾いていてラッキー(^^)

 


6月25日 雨のち曇り
仕事絡みで遠出が出来ない週末。
例によって小瀬で4時間ほど筋トレしたあとは湯村山で1時間ほど走る。
写真が無いので、我が家の女子高生が出掛けてきたPontaCafeの写真でも。
こんな素晴らしいお店があったんですね〜 滅茶苦茶行きたいんですけど・・・
Ponta愛のテンションが上がって自撮りしてしまいました。

 

月21日 雨のち曇り
本日は例会〜インドアでクライミング練習。
某放送局の方が取材に来てくれました。M姉さん、番組になると良いですね(^^)
ヨセミテ帰りのA木さんからはお土産をいただく。
写真も見せて貰いましたが、大きい壁と云えば屏風岩か丸山東壁くらいしか知らない自分には、想像を絶するスケール感でした。

 


6月17日 晴れ
高度順応&雪上訓練で富士山。
山頂から火口へ下降・・・  雪上での支点構築やビレイ方法を一通り行う。
剣が峰へダイレクトに雪壁を登ってみましたが、見て思っていたほどの傾斜も無く、少し期待外れ?
雪目当ての富士登山は今回で終了です(^^)

6月10日 晴れのち曇りのち小雨
雪上技術のトレーニング目的で富士山に行きたかったんですが、高所は天候が不安定そうなので延期。
早くしないと雪が無くなってしまいそうで焦るな〜
転戦の小川山も、13時過ぎくらいから小雨が降ったり止んだりになってしまい、早めに撤収。
短時間でしたが、またまたテン台を数本ずつは登ることが出来ました。
時間が早かったので、帰路「美し森」に立ち寄って走る。
忙しさにかまけて体力もクライミング力も落としてしまいましたが、頑張って戻して行こうと思います。

6月 4日 晴れ
かな〜り久し振りのマルチピッチクライミング(アイス以外)。
都合4ピッチで最高グレードでも5.7程度、途中ややヤブ有り。
残置支点は皆無、簡単ですがプリミティブな楽しいクライミングで、最初と最後のクラックが一応核心?
山頂では某山岳会の今村会長殿にもバッタリ遭遇。爽やかにご婦人たちをガイドされてました(^^)

6月 3日 晴れ
今日は親孝行ハイキングで西沢渓谷へ。
東沢に入ったことはあっても、実は西沢渓谷を周回するのは初めて。
渓谷自体は勿論キレイでしたが、自分としては復路の廃軌道跡のトレイルが、実に良い雰囲気で気に入りました。
地元山梨市にも、いろいろと素敵な場所があるな〜

5月28日 晴れ
自然の岩を登るのはいつ以来か・・・
写真日記で振り返れば、昨年11月が最後で約半年ぶりかあ。
今日はまあリハビリ名目で、テン台を4本ほど登って終了、あとは河原でのんびり炒め物などしてランチタイム。
良い休日でした。

 


5月27日 晴れ
また富士山。今回は天気は良いものの、結構な強風でした。
連休にきたとき以上の大賑わいで、団体さん含め大勢登ってました。
しかし、9合目辺りから上部はまだそれなりに堅雪の急斜面ですが・・・
見た感じ、半分以上の登山者が山頂までストック。登りも下りも。
滑落したときにはどうすんだ、とか、見ていて心配になる私が古い人間なんですかねえ??
今日は3300辺りの雪面で、クレバスレスキューの手順を簡単に練習。
これで、私がクレバスに落ちても救助してもらえる、かもしれない(^^)

5月21日 晴れ
この週末は全国的に真夏日!の予報ということで、ルンゼ地形を通るようなルートは止めましょう、と。
計画からクライミング要素が無くなったので、食材を大量に持ち上げてフライパン大会。
日曜は少々早出するも、早朝から全く冷え込む気配も無く、雪壁がグズグズで実に登りにくい。
日が高くなると、遠く谷筋からはブロック雪崩の音が何度も聞こえてくる。
帰路、テント撤収前にノンビリしすぎて、馬場島への下山が随分と遅くなってしまいました。
ほとんど貸し切り状態の剱岳でしたが、登山口の標高740mというのは、何回登っても疲れますね〜

5月14日 晴れ時々曇り
またしても希少植物の探査に出掛けてきました。
私、しばらく前に技術指導委員長をわりと長く務めさせていただいたので、岳連へのご奉仕はもういいかな?と思ってたんですが。
ここ最近また結構岳連に貢献している気がします。今日も頑張りました(^^)

 

で、午後からはみんなでここで筋トレだ!

5月13日 雨
本日は岳連の総会ですが、朝から雨なので無問題。
70周年事業ですか。
「安全啓発」とか「自然愛護」とか「スポーツクライミング振興」とか・・・
ぬるい行政の作文みたいで夢が無いなあ。
パーッと海外の高峰でも行けば良いのに。
自分はしばらく長期間は休めませんが、取りあえず夏にヨーロッパ行きましょう!アルプスのクライミング楽しいよ(^^)

 

5月 7日 晴れ
昨日は一日お仕事。
雨が降るはずの予報だったのに、一日良い天気で良かったですね・・・
今日は、懸案であったトナカイさんの補修をして近所の低山で走って。
最後は温泉で体を伸ばして連休を締める。明日から仕事かあ・・・

 

5月 5日 晴れのち曇り
先日の富士山で感じたことを少し。
年寄りの繰り言みたいで嫌なんですが、気になるので・・・
自分はあまりしないんですが、雪山の降りでシリセードする方、必ずアックスを手で持ち、アイゼンは外すべきです。
手ぶら(またはストック)でアイゼン履いたままの人は、もし加速しすぎた場合に、どうやって止まるつもりなんだろう?
予想以上に雪面が堅くて加速した際に、アイゼンが雪面に引っかかると足首骨折する可能性大です。
道具は買い揃えるだけでは駄目で、正しい使い方も学ばないと(って説教臭いか)

 
最近庭がリアルねこ集め状態です(^^)

5月 4日 晴れ時々曇り
今日は諏訪湖一周ゆる〜く走る日。
昨日の筋肉痛が幾らかありましたが、走っている方が楽になるという。
初夏の気持ちよい陽気の一日でした(^^)

 

月 3日 晴れのち曇り
度順応と足腰のトレーニング?を兼ねて富士山へ。
富士宮口の状況ですが、今年は久し振りに残雪豊富で、五合目周辺から既に雪有り。
雪渓をスイッチしながらではありますが、6合目〜山頂まで全て雪上を歩けるので、殊に降りが早い!
但し、山頂直下の100m程度だけは完全に氷化しており、下降の際はそれなりに気を遣う。
今回のタイムは、駐車場から山頂までが3時間強、山頂から駐車場までが1時間強。
余談ですが、今回日焼け止めを自宅に忘れてしまうという痛恨のミス!
7合目あたりで出会ったお兄さんに、日焼け止めを分けていただきました。
ご親切にありがとうございます。危うく、連休明けに出社出来ない顔になるところでした。

4月30日 晴れ
雪山行きてー!!
がしかし、今日は近場の日なので先ずはここ。
クライミングご無沙汰のM姉は「今日は触るだけ」とかなんとか云っていたのに。
先攻の自分が11bでテンションしたらスイッチが入ったようで、軽々と登って勝ち誇られてしまいました。
チクショー!!!

4月29日 晴れのち曇り一時雨
今日は遠出が出来る日ですが、山岳連盟の大事なお仕事で八ヶ岳へ。超お久しぶりのNさんとご一緒に。
柄に
も無くお花探しで、ナントカコザクラ?とかいう絶滅危惧種? 
全く興味の無い私にしてみれば、こんな面倒な花はいっそ絶滅してしまえば良いのに・・・ いや冗談ですよ。
そんな自分でも、岩陰にひっそりと健気に咲く姿を見れば心を打たれて、 ということは全然無く。
どちらかというと、道中林道の側壁に沢山打たれていた、ハンガー外しのボルトの方が気になりました。
誰か地元の篤志家がドラツーの練習でもしてるのかな?
地獄谷往復では運動量が足りないので、美し森を周回コースで走ってから帰宅しました。

 

4月23日 快晴
今日は親孝行でお花見Day。
半日、北巨摩から甲府北部まで、見頃の花を訪ねて歩き回りました。
もし自分が「好きな山は?」と尋ねられたら、剱岳と甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳なら阿弥陀です(^^)

 

4月16日 晴れ時々曇り
この週末は北アルプスの雪稜ルートに行く予定でしたが、土曜日が明らかに悪天候。
荒れるのが判っていながら高所で泊まるのは避けたいので、日曜の阿弥陀南稜日帰りに急遽変更しました。
驚いたのは、ほんの2週間前には舟山十字路からラッセルしたというのに、標高1800m辺りまでは雪が全くない。
南稜上部も雪は少なく、最近の傾向からラッセル覚悟で臨んだのですが拍子抜けでした。
K兄弟は車のトラブルで出発が1時間ほど遅れましたが、のんびり歩いていたら追いついてきました(^^)
4人で首尾良く登頂できて良かった。また行きましょう!

4月13日 晴れ時々曇り
今年の恵林寺のお祭りは、陽気が寒いおかげで久し振りに満開の夜桜。
仕事帰りに少しだけ寄り道、綺麗でした。

4月10日 晴れ
沼の桜と南アルプス。
最近今ひとつ山に行けてませんが、遠くから眺めるだけでも気が休まる。
一大決心?の末、山梨に転居してから20年以上経ちますが、山に行くには本当に素晴らしい環境です。
山好きな人は是非山梨県にお引っ越しして、うちのクラブに入ってください(^^)



月 9日 雨のち曇り
雨が上がったので、2時間だけクライミング。
小瀬の桜は満開で、花見客で賑わっておりギャラリーも沢山、湿気った壁でも気合いが入ります(^^)

 

4月 8日 曇り一時雨
最近週末の度に天気が悪いですね。
仕事絡みで遠出も出来ないので、近所で走った後は山(道具)小屋の片付けなど。
もう氷用のアックスは使わないでしょう、ということでメンテして収納。
わたし雪稜とか普通の雪山でダブルアックスは基本使わない派なので、クォークさんは来冬までお休みなさい。

4月 7日 曇り時々晴れ
新年度の慌ただしい一週間が終わりました。疲れた〜
いつの間にか近所の果樹園も花が満開、あっという間に春は終わってしまうのでしょう。
H坂ちゃんは立派な警察官になったかな? まだか。

 

4月 2日 晴れ
八ヶ岳の某ルートを目指しましたが、またしてもラッセル敗退しました(^^)
雪が多いのは分かってはいましたが、駐車するのにも一苦労。
駐車スペースから当然の如くノートレースで、日帰りはどう考えても無理。
2時間ほどラッセルして、「帰りますか」とあっさり決定。
一旦帰宅してから、小瀬の人工壁に繰り出して今日も結局筋トレの日に(^^)
山が近いと、手軽に登ることが出来る反面、中止の判断がやたらと速いのも良いんだか悪いんだか・・・
もう新年度。小瀬の桜が咲き始めてました。

3月26日 雨
朝から残念なお天気なので、行ったことのないジムへ遊びに行く。
本日の自分の出来高は、11aと11bそれぞれ二本オンサイト。
グレードが甘いとか野暮は云わない約束で。
6時間以上、ほとんど休み無しに登り続けて全身が筋肉痛です。

 

3月25日 晴れ
当初、谷川の東尾根に行く予定でしたが。
前夜までの現地の降雪量が多そうで、雪崩のリスクを慮って某沢のアイスクライミングに転進。
今季のアイスを締めくくろうと欲張った計画にしてみたんですが、まさかのラッセル敗退(^^)
ある程度のラッセルは想定していましたが、重雪の膝上ラッセル3時間半で気持ちが折れました。

 

3月
21日 雨
今日は、仕事を終えてから頑張って出稽古だ(^^)
傾斜の強い壁はそれだけで楽しい。
山梨にもルーフのデカいリード壁がほしいなあ。

3月19日 晴れ
好天の三連休ですが、仕事絡みで遠出は出来ず。
毎度のことながら近所の人工壁で筋トレの後は近所の山を走って心肺機能も鍛える。
クラブの仲間は活発に雪山やアイスクライミングに行かれてるようで良いことです(^^)

3月12日 晴れ
広河原沢の左俣に遊びに行ったところ、面白いものを見つけました。
例年には存在しない?10m強の氷柱、前傾した岩から垂れているので傾斜はまあ垂直です。
氷柱下部は、向こう側が透けて見える箇所もありましたが、取りあえず季節限定ものは登っておきたい(^^)

3月11日 晴れ
暖かくなってきたので、久し振りに小瀬の外壁。
壁がデカいのは良いことだ。
H坂ちゃん、付き合ってくれてありがとう。

 

3月 8日 晴れ
A木さんから、錫杖岳前衛壁1ルンゼの記録&写真貰いましたのでご覧ください!
傾斜の強い壁、悪そうな氷、素晴らしい記録です。

 

3月 5日 晴れ
この週末は、愛すべき後輩の送別会でした!
土曜日はアイスキャンディで楽しく遊び(筋トレ&腹ごなし)、夜は鉱泉の個室を借りて宴会。
アルコール摂取するに従い大脳新皮質が麻痺するのか、最後は知能が幼稚園児並みに退行した辺りで沈(^^)
明けて本日は、大同心大滝チームと峰の松目チームの二班編制。
峰の松目は、例によってF9までM姉のオールリード。
貸し切りだったので、リード未経験の方にはF8を使って疑似リードでそれぞれ練習して貰ったりして。
結構大勢集まってくれたのは、H坂ちゃんの人望の賜物でしょう?
いろいろ手配していただいたのに参加できなかったYさん、おかげさまで楽しい送別会が出来ました。
ありがとうございました!

2月26日 晴れ
近場のアイスへ、とも思いましたが。
かなり久し振りの天狗岳へ、ニュー登山靴の試し履き&お汁粉を作りに出掛けてきました。
早くお汁粉タイムにしたいので、渋御殿湯Pを朝7時半に歩き出して10時過ぎには東天狗山頂に到着。
折角なので西天狗も踏んでから黒百合平へ降り、本日の主目的であるお汁粉作成。
帰路には哈爾浜ラーメンにも寄り道、明らかに食べ過ぎな一日でした。
今日の登山で一点気になったのは、天狗の山頂で完全空身(荷物レス)の人が随分と多かったような・・・
黒百合ヒュッテ辺りに全部置いて来ちゃうのかな?
トラブルは予期せぬ時に起きるもの。
最低限の装備は、最後まで体から離さない方が良いと思いますよ〜

2月25日 晴れ
H坂ちゃんと入間の岩場へ。
ここに来るのは1年ぶりくらいかな?
最近クライミング頻度が極端に低下しているので、強傾斜は全然ダメ。
あっという間に腕が終わってしまいましたが、折角来たので取りあえず数多く触っておく。
アイスばっかりだとフリーは駄目になりますね〜
だんだん暖かくなってくるので、普通の?クライミングも頑張ります。

2月23日 雨のち晴れ
長期縦走の旅を終えてH坂ちゃんが下山したようです。
時間があるのは羨ましい。日数がとれたら、雪山を長く歩きたいですね。

 
こんな靴を買ってしまいました。

2月20日 曇りのち雨
今季、M姉さんの目標の一つである相沢大氷柱のリードを果たすべく下仁田へ。
天気予報はとっても微妙でしたが、スケジュール的に本日しか行ける日が無いので強行。
案の定というか、ルートの丁度半分辺りでパラパラと降り始め、やがてまあまあの雨に(^^)
雨が普通に降っていることを除けば、氷質も良く大して寒くも無く、比較的登りやすいコンディションでした。
姉さん、順当に目標達成お疲れさまでした!
自分は、落ちないフォローの気安さで(雨も降っているので)二点支持全開のスピードクライミング(^^)

2月12日 晴れ
良く晴れましたが、山に出掛けられない週末。
たまには完全オフも良しとしましょう。
シングルのロープ新調しました。やや細系で、クリックアップとの相性も良さげ。
ついでに新しいたぬきのシャツも入手。

2月 4日 晴れ
荒川出合の2ルンゼに行ってきました。
正面大滝までのルンゼ登行は堅雪の急斜面と連続するナメ滝、ノービレーで先を急ぐ。
大滝は(資料をあまり読んでおらず)見た目50mくらいかな〜なんて思い取り付きましたが、2ピッチ70mほどでした。
傾斜も、下から見たよりは立っており(アイス 取り付くと傾斜二割増しの法則)結構疲れる。
大滝はVスレッドで下降、その先も懸垂&クライムダウンで時間が掛かり、野呂川林道に降り立ったのが18時。
車に戻ったのは21時近く。今日も長い一日でした(^^)

1月29日 晴れ
新しいハーネス、トギールクリックを買ってみました。
早速芦安で使用しましたが、かなり便利&軽くて快適なハーネスです。

 

月28日 晴れ
少々早い気もしましたが、芦安へアイスクライミングに行ってきました。
先ずは朝イチでカモシカルンゼ。ご希望によりM姉リードで。
中間部の傾斜が強いパートは氷結がやや甘いものの、全体的に良く凍っており問題なし。
姉判断で35mと15mの2Pに分割して登り、下降は左岸側の立木から55mほど、一発で取り付きまで。
そのままトリコルネへ移動、こちらは私リードで。
上部の傾斜の強いパートが、今季は長いような気がする。
向かって右側は上部がツララ状で薄く水も流れているが、左側は安定しており問題なし。
リードフォローで登った後は、折角来たから・・・ と毎度の貧乏性を発揮、トップロープにして筋トレ開始。
それでもアプローチが近いので、明るいうちには車まで戻りました。

1月23日 雪のち曇り時々晴れ
平日ですが、某沢の氷柱を登りたくて出掛けてきました。が。
沢の出合までは明瞭にトレースされていましたが、沢に入ってからはまさかのノートレース。
土日に入ったパーティ、もっと気合い入れて登れよ〜(そうじゃないか)
「これが本来の雪山だよ」とか何とか云いつつ、2時間近く膝上のラッセルを続けましたが、敢えなく時間切れ。
目的の氷柱には届きませんでしたが、傾斜の緩い滝を幾つか、ラッセルしながら越えました(^^)
帰路、S田さん推薦の「哈爾浜ラーメン」なるものにトライ。これは旨い!

 

1月21日 雪のち晴れ
日は半日だけアイスクライミングということで、久し振りの南沢小滝へ。
朝から雪が降ったり止んだりで、積もった雪を払いのけながらのクライミング。
先陣は「寒いからさっさとリードするわ」とおっしゃるM姉、続いて他のメンバーも順番にリード。
数本ずつ登ったら小走りに下山、夕方からは勝沼大善寺で県山岳連盟の新年会に出席するのであった。

1月14日 曇り
強烈な寒波で不要不急の外出は控えろと気象庁が云うので、アイスクライミングの予定をあっさり延期して小瀬でクライミング。
一方、Kさんは敢えて赤岳登頂してきたとのことで、そのモチベーションの高さを見習わなければ・・・
S田さんに面白い灯を買ってきて貰いました。早くテントで使いたいですね。

 

1月 9日 雪のち晴れ
我が家の庭で10センチくらいかな?
八ヶ岳界隈はどのくらい積もったかなあ。
それにより今週末の行き先が変わってくるのである。

 
そこに乗るな!

1月 7日 快晴
超久しぶりに、まつのみねめ、ではなくて峰の松目沢に出掛けてきました
寡雪のため、出会いから沢の上部まで、延々と何百メートルも続く露出した氷のナメが素晴らしい。
F1はノービレー、F2はM姉リード、F3〜F7はノービレー、F8は姉リード。
F8はきっちり垂直の傾斜で楽しめました。
終了した後はF9とF8をトップロープにして遊ぶ。
明日の雪で、ナメの回廊は埋まってしまうんだろうなあ。

1月 3日 快晴
あけましておめでとうございます〜
本来であれば、今日は氷を叩いて遊んでいるはずだったんですが、気がついたら湯村山で走っていました。
S田さんの病気が感染したかな・・・ でもビールは飲んでないし、まあいいか〜
明日からもう仕事だと思うと気が重いですが、本年も趣味と仕事の両立を目指して頑張りますので、皆さんよろしくお願いいたします(^^)

 
31分半でした

toppage